鉛がどのような汚染の拡散を示すのかシミュレーションを行います

このプロジェクトはDemonstration and Risk-based Implementation of New lead remediationapproach in Kabweで通称「DRINK」と呼んでいます。ザンビア共和国カブウェ市の鉛汚染について、環境を修復するためにどのような方法が適切か、また今後鉛がどのような汚染の拡散を示すのかシミュレーションを行います。現地の住民に鉛を体外に排泄させる治療を行った後のフォロアップ調査を継続する体制づくりもします。また、これまでの研究で鉛の摂取の原因の一つが粉塵であり、緑化がそれを防止することにつながることから、鉛鉱床近くにモニタリング農地となるグリーンパークの構築を目指しています。