STSIプログラム(持続可能な輸送システムと社会インフラ構築のための国際共同研究力育成プログラム)は、平成29年度に大学の世界展開力強化事業(タイプAインド)として、文部科学省より採択された北海道大学の取り組みです。
インド側の参加大学であるインド工科大学(IIT)ハイデラバード校、ボンベイ校、マドラス校とともに、インドにおける輸送システムと社会インフラ構築に関わる種々の課題について、日印でチームを作りこれに取り組む際、その成果を最大化できるような能力「チームワーク型国際共同研究力」を有する人材を育成します。特に、輸送システムや社会インフラ構築など豊かさのための成長や開発だけでなく、その環境影響や周辺住民への影響なども包含した持続可能な開発を、協力して実現できるような日印の人材を育成することを目標としています。