ヤクーツク実習

RJE3プログラムは平成26年度文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」に選定され開始した、北海道大学とロシア側の基幹5大学、ウラジオストクの極東連邦大学、ヤクーツクの北東連邦大学、ユジノサハリンスクのサハリン国立大学、ハバロフスクの太平洋国立大学、イルクーツクのイルクーツク国立大学が実施している日露の共同教育プログラムです。
気候変動や歴史文化の多様性など、地球規模の問題が集積する極東・北極圏を対象として、自然環境、地域資源開発、民族・言語・文化等の各領域に精通した日露の教員による講義を、北海道大学とロシアから集まった学生が一緒に受講・議論し、北海道や極東ロシアをフィールドとした野外実習に参加して重要課題への理解を深め、考えていきます。参加学生の声を動画でお聞きください。
このようなフィールド実習を重視した分野横断的な教育プログラムにより、地域の事情をよく理解し持続可能な開発を牽引する専門家が育成されることを目指しています。

RJE3_2019概論集合写真